なかなか消えないクマを治す方法|自信とハリが甦る

女の人

皮膚の老化への対処

レディー

加齢のサインともいえるしわやたるみは、乾燥や紫外線、生活習慣などにも原因があります。乾燥や紫外線を防ぐ工夫をし、また生活習慣を改めることである程度予防ができますし、ストレッチやマッサージも効果的です。しかしそれでも治らない時は、リフトアップ手術やレーザー、あるいは美容成分の注入などがお勧めです。

もっと詳しく

正しい対処法で若返り

目

種類を見極める

目の下にクマがあると、顔が疲れて見えたり老けて見えたりと、顔の印象を大きく左右されてしまいます。クマが無くなれば顔が明るくなり、若返って見えることが十分期待されるため、クマを治したいと願っている人が多くいるのです。同じ「クマ」と呼ばれるものでも、実は原因によって3種類に分かれています。まずは、体の冷えや疲れなどによる血行不良が原因で出来る青いもの、そして、紫外線やメイクなどによりメラニン色素が沈着してしまう事が原因で出来る茶色いもの、最後に、目の周りのくぼみやたるみが原因で影のようになって見える黒いものです。自分でもある程度の対処が出来ますが、種類によって治すための方法が異なるので、自分のクマがどの種類なのかをきちんと見極める事が大切です。

原因別対処法

青いクマは血行不良が原因であるため、治すためには血行を良くする必要があります。目の周りのマッサージやホットパックなども効果がありますが、普段の生活で身体全体の血行を改善する事が大切です。適度な運動を日常的に行ったり、冷たい食べ物や飲み物を控えたり、血液をサラサラにする食べ物を摂るなどすると効果的です。茶色いクマは色素沈着が原因であるため、治すためには美白する事が必要です。紫外線を浴びるとメラニン色素が増えて沈着してしまうため、UVケアをしっかり行い、摩擦による原因を防ぐため、乾燥や痒みを防ぐための保湿を行う事が大切です。また、美白効果のあるビタミンC誘導体を含む化粧水を使う事も効果的です。黒いクマはくぼみやたるみが原因であるため、治すためにはハリを与えてたるみを防ぐ必要があります。目の周りのツボやマッサージなどでむくみを取り、目の周りだけでなく顔全体を積極的に動かして顔全体の筋力をつける事が効果的です。また黒クマの場合には、美容外科によるヒアルロン酸注射、並びにボトックス注射も効果を発揮します。これらの注射は肌にハリを持たせる治療となっているので、注射することによってたるみを解消し、目元の影を無くすことが可能でしょう。また茶色場合には、レーザー照射で色素を取り除くことが出来ます。自力でのクマ除去が難しい場合には、美容外科による施術が素早い解決につながるでしょう。

進化する整形

婦人

美容クリニックではシワを目立たなくするための治療が行えます。複数の治療法があるのでカウンセリングの際に相談しながらどの方法が自分に適しているのかを判断してください。効果の持続は半年から一年程度が多いので、タイミングを見て調整していきましょう。

もっと詳しく

今までの課題が解消

美容整形

マイクロボトックスは、顔の浅い層に注入する施術で、小ジワが目立たなくなり、顔全体のハリがアップします。筋肉に注入するボトックスと異なり、広く浅く、しかも腫れなどが出ることが少ないことからも安全性が高いと言えます。

もっと詳しく